バイナリーオプション口コミ評価サイト

FXバイナリーオプションブログ 金言秘伝アラカルト

投資初心者からアクティブトレーダーまで『株式投資やFX(バイナリーオプション)』のテク二カル手法から格言や大胆予想まで投資全般について幅広く解説。

fx テクニカル分析使いたいテクニカル指標とは

その特徴的な見た目もあって、一部に愛好者も多いとされるテクニカル指標の一つに「パラボリック」があります。「SAR(ストップ&リバースポイント)」というラインが放物線(パラボリック/Parabolic)を描いたように見えるのか名前の由来とされます。

 

使い方は、ローソク足が下方に存在する「SAR」を割り込んで時が売りのポイント。ローソク足が上方に存在する「SAR」を上抜いてきた時が買いのポイントとなります。よって常に売りか買いのポジションを持っていることになります。

 

常にポジションを持っているということは、トレンド相場入りしている時は、この効果が十分に発揮されるのですが、レンジ相場へ移行した時にはドテンの繰り返しとなり、ダマシが頻発するという弱点もあります。

 

このようなダマシを回避するには、他のテクニカル指標も併用して使う他にも、「パラボリック」におけるロスカットラインを厳格に設定しておくことなどが挙げられます。エントリーをするポイントは「SAR」を越えた時点と決まっているので、同時にロスカットラインも設定しておけば、大きく損をすることはなくなるでしょう。

 

基本的には日足で使うテクニカルですが、時間足や分足でも使えますので、特に頻繁に売買を繰り返すことが多いデイトレードでも十分に使えるツールになると思います。